水道水は害がないのか調べてみた

キャプチャ.PNG
最近金欠ぎみの私は飲み物はあまり買わない。なので、家では水道水をよく飲んでいる。水道水はカルキ臭が気になるから飲まないという人は多いと思うけど、私はあんまり気になりません。でも水道水って健康に害はあるのかな?ふと疑問に思ったのでちょっと色々調べてみました。

■水道水は安全に飲めるのか?
日本の水道水は「水道法」で水質基準が定められています。そして水道水は生涯にわたって摂取しても健康に影響が生じない水準を基に設定されています。水道水の水質基準項目は非常に多く設定されており、なんとミネラルウォーターよりも厳しく設定されているのです。つまり、水道水はミネラルウォーターよりも安全に飲めるということ。これ、正直ビックリじゃないですか?別にミネラルウォーター買う必要ないじゃん!って思いません?ではミネラルウォーターが水道水よりも優れている部分は何なのか?それはズバリ「味」です。ミネラルウォーターは塩素が入っていないので、カルキ臭さがありません。私は水道水の臭いは全く気にならないので、お金を出してまで水を買う必要はないかなと思いました。

■水道水に含まれている塩素は人体に影響はないのか?
よく塩素は発がん性物質があると言われており、その観点から水道水を飲み続けると健康に影響が生じると思っている人もいるのではないでしょうか。水道水に含まれている塩素は人体に影響を及ぼさない量なので、日常的に飲み続けても全く問題はありません。

■アジアで水道水が飲めるのは日本だけ!!
世界で水道水の飲める国は全部で15か国あります。その多くがヨーロッパ圏であり、アジアの中ではなんと日本だけなのです。

☆水道水が飲める国☆
・フィンランド
・スウェーデン
・アイスランド
・アイルランド
・ドイツ
・オーストリア
・クロアチア
・スロベニア
・アラブ首長国連邦
・南アフリカ
・モザンピーク
・オーストラリア
・スイス
・ニュージーランド
・日本


南アフリカはちょっと以外でした。フィンランドやスイスはなんとなく水が美味しいイメージがありますね。アルプスの影響でしょうか。(アルプスってどこにあるのかよく分からないですが…)

■浄水器は必要なのか?
自分の家の水道水の味やにおいが気になる人やアレルギーを持っている方にはあった方がいいかもしれませんね。でも私は水道水を美味しく飲めているので全く必要ないですね!

■まとめ
水道水ってあんまり良いイメージはなかったけど、今回調べたことで思ってた以上に安全なのだということがわかり、ホッとしました。なんだかお金を払って水を買うのがちょっとバカらしくも思えてしまいました。健康にも特に影響がないと知り、その後は今まで以上にガブガブと水道水を飲んでいます(笑)もともとあまり水分を摂らない私だったのですが、水分が不足すると体にいろいろと影響があるので最近は意識して水を飲むようにしています。これから冬に向けて空気が乾燥するので、喉を守るためにも水分補給をしっかり行うことをオススメします。

☆関連のおすすめ記事☆
食事改善でさらに健康に!ランニングは糖尿病の予防にもなる
ふるさと納税とは?簡単にできる?今年の人気商品ランキング








この記事へのコメント


この記事へのトラックバック