指を挟んだときはすぐに応急処置をすると痛みが軽減される

キャプチャ.PNG
ちょっと部屋の空気を換気しようかな…
そう思い窓を開けると、思いのほかいきおいよく開いてしまい、そのはずみで思いっきり右手の人差し指を窓に挟んでしまった。

痛っーーーーーー!!!!!(本当に痛い時って無意識に叫んでしまいますよね…)

やっと長く続いた気管支炎が治ったと思った矢先の出来事で、なんだかここのところ本当にツイてないなぁと落ち込んだ。そして挟んだ指を見ると、

内出血してる!!!(しかも見た目がちょっとグロテスクに)

そうこうするうちに冷や汗がじんわり出てきて気持ち悪くなってきた。
私、血を見るのがめっちゃ苦手なんです…!!もう、指の痛さよりも気分の悪さの方が強くなってしまってとりあえず横になることに。しばらくすると気分も楽になって冷静に考えていると…

怪我した指なんとかしなくては!!でも内出血ってどう対処したらいいの!?

■指を挟んだ時はまず指の状態を確認
どれくらいの範囲をどれくらいの強さで挟んだかによって指へのダメージは変わってきます。なので、挟んだ後に指が動かせるかどうかをまず確認。

「指の動きが何だか変」
「指が動かない」


こんな場合は骨や神経にダメージがある可能性があるので、すぐに病院へ行きましょう!!

■出血している場合
出血している場合はまず止血することが大事。清潔なガーゼ等で傷口をを押さえ、腕を心臓より高い位置に上げます。こうすることで心臓から送り出される血液の量が減り、大量出血を防ぐことができます。また、患部の腫れの軽減にもつながります。

出血が止まったら傷口を殺菌してバンドエイドや包帯などで傷口を保護します。
もし、出血がなかなか止まらない場合は患部を押さえた状態のまま、すぐに病院へ行きましょう!!

■内出血している場合
患部をすぐにアイシングします。ビニール袋に氷と水を入れて患部を押さえるのが一番冷やしやすいかと思います。私もこの方法をとりました。冷やす時間は10分~20分程度。腫れや痛み、熱感が取れてきたらとりあえず終了します。内出血の場合にも腕を心臓より高く上げておくと腫れを軽減させることができます。私の場合、傷がそこまでひどくなかったのでアイシングした後は痛みがほとんどなくなりました。

最初は内出血って中から血を出した方がいいの!?とか思いましたが、不要みたいです。血を出すと傷口から雑菌やばい菌が入ったりする可能性があるので、内出血の程度が深刻でない限りそのままアイシングして自然治癒するのを待ちます。

■傷口の確認は大事。でも必要以上に触らない
アイシングした後は患部を確認して腫れがひどくなっていないかなど確認しておきましょう。ただ、必要以上に患部を触るのは厳禁。治りが遅くなってしまいます。私はいつも痛みの度合いを確認するために患部を何度も触ってしまいます…。今回は治りが遅いと仕事にも影響するので我慢して触らないようにしました。

■ケガをした翌日の指の状況
キャプチャ.PNG

患部はちょっと感覚がない感じですが、日常生活をするにあたってほとんど支障はなくなりました。タイピングも普通にできます。やっぱりケガをしたときはすぐに応急処置するのが大事ですね!

☆関連のおすすめ記事☆
・眠いのに怖い夢のせいで眠れない…これってストレス??
・ストレスフリーを目指していたのにうつ病で休職が必要と言われました
・うつ病は薬で治らない!?






この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/442798451
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック